浜松・静岡・名古屋の結婚式場相談&プロデュースWincl(ウインクル)
結婚するならウインクル

  • 浜松:053-449-3288
  • 愛野:0538-45-3111
  • 静岡:054-652-1115
  • 名古屋:052-950-3755

来館予約

HOME > ウェディングストーリー > 浜松 > 一緒に泣いて一緒に笑いあえる「ありがとう」の結婚式

一緒に泣いて一緒に笑いあえる「ありがとう」の結婚式

式場: アーセンティア迎賓館 浜松

一緒に泣いて一緒に笑いあえる「ありがとう」の結婚式

ゲストにありがとうを伝えたくて準備した10ヶ月。
心配性な智彦さんは当日まで綿密に打合せを進めていきました。
ふたりがこだわったのは、演出を入れすぎずゲストと過ごす時間。
ゲストとの距離感が近くて、ひとりひとりの表情から「楽しんでもらえてるな」と感じ、とても嬉しかったそう。
笑いあり涙ありの一日をご紹介します!

Point01

何年ぶりの家族再会 結婚式が叶えてくれた奇跡

それぞれ別の場所で暮らす絢さんのご家族。
挙式前の父母、兄妹との対面は念願でした。
こういう機会だからこそ家族が揃うことに感謝。
シーン毎に涙する家族の姿が印象的。

Point02

何度も打合せを重ねた テーブルコーディネート

テーマカラーはネイビー。
会場・装花・クロス・席札、全てがマッチするようリハーサルを重ねました。
席札にはゲストのニックネームと写真が。
笑い合うゲストの表情に注目です。

Point03

智彦さんの技術がプロ級 ウエルカムアイテムの数々

メッセージカードの入ったエスコートボード。
当日の組み立て作業も自身で行いました。
式前はゲストの反応が気になって仕方なかったそう。
WボードやWサインも力作です!

お名前 智彦&絢 さん
挙式日 2018年11月24日
会場名 アーセンティア迎賓館 浜松
ゲスト人数 約100名
準備期間 約10ヶ月
エピソード 前日に誕生日を迎えた絢さん。式前にチャペルで前撮りをしていると、花束を持った智彦さんが。式が始まる前、早々にウルッときてしまったそう。

~ おふたりにとってのベストウエディングをおすすめします ~ お問い合わせリンクバナー